結婚できない理由 | アラサー女子の愛され方程式

社会人になったら出会いがない?忙しい女性でも彼氏は作れる!

Young business woman in office「社会人になったら一気に出会いがなくなった。」

あなたは、かつてこんなセリフを言ったことはありませんか?

 

たしかに社会人になると、学生時代に比べて一気に自由な時間が減ってしまいます。

中には、『毎日家と会社の往復のみ』『休日も疲れて外出が億劫』なんて人も多いかもしれませんね。

 

「学生時代は良かったな~。あの頃は色んな人との出会いがあったし。」

「仕事がもっと楽になれば、ちょっとは違うのにな~。」

つい、そう思ってしまう気持ちは痛いほど分かります。

 

でも、もしあなたがそういった気持ちを持ち続けるのであれば、きっと今後もそう簡単に素敵な出会いに巡り合うことはできないでしょう。

なぜなら、出会いがないのを周りの環境のせいにしていては、何も始まらないどころか、数ある出会いのチャンスを自ら逃していることになるから。

つまり、今のあなたは決して「出会いがない」のではなく、単に「出会おうとしていない」のです。

【スポンサーリンク】



悪いのは環境や人のせい?

 

そういう私も、昔は男性と出会えないのをずっと『元カレ』のせいにしていました。

「元カレの借金とか浮気があったから、次の恋に積極的にいけなくなっちゃったんじゃん!」

「あ~あ、元カレと出会う前に戻りたい!」

そんな事をひたすら思って過ごす日々・・・。

 

自分は悪くない、全部元カレが悪いんだ!

今思えば、そう思うことで気持ちを安定させていたんですね。

でも、結局行動することから逃げて全て「人のせい」にしていた私は、気が付けば4年間も彼氏を作ることができませんでした。

 

そこでようやく気づいたこと、それは『人のせい、周りのせいにしても得することは何にもない』ということ。

結局、何だかんだでずっと彼氏ができなかったのは自分のせい。

そう思うと、彼氏を作ろうとしなかった4年間という年月がものすごく無駄で無意味なものに思えてきたのです。

 

忙しいからこそ、自分を奮い立たせることが必要

 

同じ忙しい社会人でも、ちゃっかり素敵な彼氏をゲットしている人っていますよね。

「可愛い子は何もしなくても男性が寄ってくるから、、、」

たしかにそういう女性もいるとは思いますが、やはり決定的に違うのは『行動力』です。

 

休日につい家でゴロゴロしてしまう、という人は、結局は『家でゆっくりしたい』という気持ちが『彼氏が欲しい』を上回っている、ということ。

でも、本気で「出会いたい」と思っている人は家でゴロゴロしたいのを我慢して行動しているのです。

 

たしかに学生時代と比べれば時間も体力もなくなっていて、なかなか自分から行動しにくくなるとは思います。

でも、そうやって言い訳をして行動しないでいる間にも、限りある魅力的な独身男性は次々と他の女性に取られていっているということを忘れてはいけません。

【スポンサーリンク】



自分の人生は、自分で責任を持つ

 

「行動っていっても、実際にどうしたらいいか分からない」

という女性ももちろんいるでしょう。

でも、はじめの一歩は何でもいいのです。

普段行かない会社の飲み会に参加してみる、友人に紹介を頼んでみる、思いきって婚活パーティーに足を運んでみる、、、など、実際に男性と出会おうとすればいくらでも道はあります。

※社内で出会いに恵まれる人とそうでない人の決定的な違いとは?
後輩や同僚が次々と結婚!「焦り」は「出会い」に繋げられる?

 

ただし、あくまでも無理をせずに自分のできる範囲から始めること。

例えば、大人数だとうまく話せないのに合コンに行ったり、緊張しいなのにひとりでバーに行って異性と出会えたとしても、そこであなた自身の魅力を発揮するのは難しいですよね?

まずは『行動を起こす』ということ自体が大きな一歩ですし、自然体でいるからこそ、本来の自分に合った人と出会うことができるものなのです。

 

「社会人だから」「忙しいから」と周りのせいにして、現状を嘆くのはとても簡単です。

でも、その時間ってはっきり言ってとっても無駄なもの。

そもそも、今の状態は自分が招いたものであって、決して他人から「こうしろ!」と命令されたわけではないはずです。

 

今からでも決して遅くはありません。

まずは、自分の現状をしっかりと受け入れて、重い腰を上げる!

意外にも、出会いのチャンスは身近なところに転がっているものですよ。

大切なのは、一歩踏み出す勇気

【スポンサーリンク】



Return Top