結婚できない理由 | アラサー女子の愛され方程式

「恋をすると綺麗になる」を彼氏なしでも実現する方法【恋愛の第一歩】

Young couple in love, hugging on the street. Selective focus.「女性は恋をすると綺麗になる」

このセリフ、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

恋をすると毎日がとにかく楽しいし、外見だって気を使うようになる。

日々そんな生活をしていたら、明らかに「前とは違う」と思われても何ら不思議ではないですよね。

 

実際に、私が学生時代アルバイト先で一緒だった友人も、いつもと全く同じ制服を着て、いつもと全く同じようにレジ打ちをしているのに

「何だか今日、キラキラしてる!」

と他の友人に指摘されていました。

 

案の定、彼女は恋をしていました。

 

そして、それを知らないアルバイト先の男性にも

「何かあいつ、可愛くなった?」

と言われ、ちょっとした”モテ期”まで到来していたのです。(彼女は見向きもしませんでしたが・・・。)

 

それだけ、恋の力って絶大ってこと!

でも、実際はいくら恋したいと思っていても、それが叶わないことなんて日常茶飯事ですよね。

「出会いが全然ない・・・」

「なかなか人を好きになれない・・・」

そして更に厄介なのが、一旦ドツボにハマってしまうと、そこからなかなか抜け出せなくなる、ということです。

 

でも大丈夫。

まだ恋をしていなくても、素敵な出会いをしていなくても、恋をしている時と同じくらい綺麗になれちゃうんです。

【スポンサーリンク】



恋をすると出る女性ホルモンは「恋をしなくても出る」

 

恋をすると、自分で変わろうと努力して得られる変化の他に、体の内側から出てくる特有の”女性ホルモン”が分泌されます。

その名も「ドーパミン」「エストロゲン」「オキシトシン」「フェニルエチルアミン」

 

「何だかどれも難しい名前で、よく分かんないなぁ。」

と思うかもしれませんが、要は「恋する女性をより綺麗にしてくれるもの」

その効果は絶大で、例えば血行が良くなってお肌にツヤが出てきたり、食欲が抑えられて結果的に痩せられる、といったことなどが証明されているんです。

 

そしてそれらの成分は、本物の恋をした時だけではなく、『フェイクな恋』でも分泌されることが分かっています。

「フェイクな恋ってどういうこと?」

それは例えば、恋愛ドラマやマンガにどっぷりハマってみたり、大好きな俳優の事を妄想してみたり、といった、普段何の気なしにやっているようなこと。

そう、一見「また現実逃避して時間を無駄に過ごしちゃった!」と思うようなことでも、実は見えないところであなたの『キレイ』を手助けしているということなんです。

しかも、こっちとしては楽しんでやっていることなのに、、、

そう思うと、何だか妙な『お得感』がありますよね(笑)。

【スポンサーリンク】



メリットはそれだけではない!「フェイクの恋」は本物の恋への近道にもなる

 

フェイクの恋を敢えて楽しむのは、決して綺麗になるためだけではありません。

「いい恋愛がしたい!」と思ってもそれがなかなか叶わないと、つい自虐的になってしまうもの。

 

中でも特に多いのが、出会いの数が極端に少なくなるアラサー世代です。

「このまま一生いい男と出会えないんじゃないか。。。」

「恋愛すらできないのに、結婚なんて絶対できっこない」

私もそうでしたが、出会いのチャンスがなかなかないと、このまま永遠に来ないような気がしてしまうんですよね。

 

しかし、そんな風に普段から自虐的に考えてしまっていると、せっかくチャンスが訪れてもそれに気付かずに見逃してしまう危険性があります。

それに対し、フェイクでも何でも恋をすることは、例えて言うなら本物の恋に向けての”柔軟体操”をしているようなもの。

「どうせ出会いないし・・・」から「私もあの主人公のような恋したい!」へ。

「ホント周りにいい男いないわ~」から「あんな優しい人に出会いたいなぁ」へ。

普段からときめきを感じることで恋愛に対して前向きな気持ちになることができ、いざ素敵な人が現れた時でもすぐに反応することができるようになるのです。

 

恋をしていない今だからこそ【恋愛完全OFFモード】にならず、普段からときめく心を持つようにしてください。

そして存分に綺麗になって、ついでに普段から恋のアンテナを張り巡らせてしまいましょう!

それが、近いうちにやってくる本物の恋の第一歩になることもあるのですよ。

【スポンサーリンク】



Return Top