結婚できない理由 | アラサー女子の愛され方程式

実家暮らしのアラサー女がなかなか結婚できない理由

Relaxed young woman lying on couchあなたは、「結婚したい!」と口にしていても、具体的な行動はしていない、そんな『ながら婚活』をしていませんか?

 

中でも特に多いのが、アラサーで実家暮らしの女性。

今の生活が快適すぎてしまうと、いざ結婚を考える年になっても、

「結婚はしたいんだけど、でもまだもうちょっと先でいいかな・・・」

と、いつまで経っても【本気モード】になれなくなってしまうんですよね。

 

しかし、その「もうちょっと」という気持ちがとっても危険!

気が付いたら、いつの間にか婚期を逃してしまっていた!という事にもなり兼ねないのです。

【スポンサーリンク】



「もうちょっと」っていつまで?楽観的すぎる友人の現在

 

実家暮らしの最大のメリットと言えば、何と言っても【楽】なこと。

産まれた時から住んでいる環境とあって、何の気兼ねもしなくていいし、親が何でもしてくれるし、これほど最高なことはないですよね。

 

私の実家は田舎なので、アラサーになっても実家暮らしの友人は結構います。

たまに集まるときには、その中のひとりの実家にお邪魔することもあるのですが、彼女の生活が学生の時と何も変わってないのが目に見えて分かるんです。

夕飯は、母親が料理の支度が済んだら呼びに来てくれる。

洗濯や掃除はもちろん、母親がしてくれる。

彼女は自分の部屋でテレビを見たり音楽を聞いたり、ネットをして楽しんでいる。

 

友人は、私の結婚が決まった時

「私もいい加減結婚したいよー。」

としきりに言っていました。

でも、何だかんだで最終的には

「でも、正直今の生活が好き過ぎて、まだ当分は今のままでいいかなー。」

といった結論に落ち着き、結婚に関してなかなか重い腰を上げようとはしなかったのです。

 

そんな彼女は今どうなっているか?

「あの時本気になってやってさえすれば、今頃はもしかしたら結婚できてたのかも。。。」

とめちゃくちゃ後悔しているんですよね。

結局彼女が本気で婚活をはじめたのは34のとき。

いざ婚活を始めてみると、自分でもびっくりするくらい出会いがなく、また以前より全然モテなくなっていることに改めて気付いてショックを受けたのだそうです。

【スポンサーリンク】



婚活は遅く始めるほど辛く険しい道になる

 

実は、彼女のようにのんびり構えて、気付いたら『結婚できにくい』状況になっていた、というケースは決して珍しくはありません。

たしかに実家暮らしは快適ですし、親が許す限りいつまでだっていることができます。

でも、婚活は実家暮らしと違って「タイムリミット」があります。

 

恋愛に年齢は関係ないけれど、現実問題年齢が上がるにつれ出会いはなくなるし、モテなくなるし、外見の魅力だって若い子に比べたらどんどん落ちていく。

ましてや、あなたが将来「子供が欲しい」と考えているのなら尚更です。

「もうちょっと」「まだ今のままで・・・」なんて言っている間にも婚活の条件はどんどん厳しくなって、ますます結婚できなくなってしまうのです。

 

結婚したい年齢で結婚できる人なんてほとんどいない

 

「私はまだ30前だし大丈夫!」

「まだ周りもみんな結婚してないから私もまだいいやぁ。」

あなたは、そんな風に今の状況を楽観視していませんか?

 

例えば35才までには子供を産みたいと思うのなら、最低でも34才には妊娠していないといけないですし、そうすると結婚は33才くらいまでにはしていることが望ましいです。

となると、交際期間を考えると少なくとも32才までには相手と出会って恋に落ちていたい、という計算になりますよね。

 

でも、実際はそのスケジュール通りにはいくことなんてまずありえません。

・出会いがない

・出会いがあっても、いいなぁと思う人に巡り合えない

・意中の彼に全く振り向いてもらえない

・いざ交際してみたら、思ってた人と何か違った

・結婚したいのに彼の方が消極的

・なかなか子供が授からない etc・・・

いくら計画を練っていても、予定が狂って当たり前!

だからこそ、

「〇才には結婚してると思ってたのに・・・。」

といった女性が後を絶たないんです。

 

「結婚したい」年齢と、実際に「結婚できる」年齢は違います。

そう考えると、少しでも早く婚活を始めるに越したことはないですよね。

 

「実家暮らし最高!」そう思うのはとても素敵なことですが、そこで満足してはいけません。

むしろ、それをきっかけに

「今度は愛する人と同じような環境を作っていこう!」

「今以上の素敵な家庭を作っていこう!」

といった考えにシフトしていくこと。

そうすることによって、あなたにとって結婚が今よりももっと身近なものになるはずですよ。

【スポンサーリンク】



Return Top