結婚できない理由 | アラサー女子の愛され方程式

アラサーで婚活は手遅れ?関根勤流「実年齢を若く捉えて生きるコツ」

aksamitna skóra『婚活は、年齢が上がれば上がるほど不利になる』

あなたは、これについてどう思いますか?

 

たしかに、いくらモテてた人でも、20代後半、30代になるにつれて男性からだんだんモテなくなってしまいます。

それは、男性の多くが『若い子を好む』から!

しかも、それは日本人男性特有のものだというから、たまったもんじゃないですよね。。。

 

でも、もしあなたが

「もう今さら婚活なんてはじめても手遅れじゃない?」

なんて思っているとしたら、それは大きな間違いです。

なぜなら、いくら異性にモテなくなったとしても、それがイコール「結婚できなくなる年齢」では決してないからです。

【スポンサーリンク】



年齢は目線を変えれば一気に若くなる

 

私は20代前半の頃、タレントの関根勤が好きで、将来結婚するなら関根さんみたいな人がいいなぁとずっと思っていました。

理由は、ずばり『奥さんを大事にしているから』!

絶対に浮気をしない(しそうにない)、そして結婚しても奥さんが大好きだなどと公言するなんて、奥さんからしたらすごく素敵な旦那さんですよね。

 

そんな関根さんはトークも聞いていて面白いのですが、中でもひとつとても印象に残っているエピソードがあります。

 

それは、関根さんが57才、奥さんが55才の時の話。

ある日ひょんなところから、20年前の写真を見つけた関根さんは、その写真を見てビックリ!

なぜなら、その中に映る35才の奥さんがあまりにも美しく魅力的だったからです。

 

そして即座に思ったこと、それは

「俺はこの時の妻の美しさを本当に満喫したのか?(してないんじゃないのか?)」

ということ。

そして今度は得意の妄想力を働かせ、今から20年後の「77才の自分」を妄想して今の奥さんを見てみると、今度は55才の奥さんがとても若く、魅力的な女性に思えたんだとか。

 

「もっともっと、いま目の前にいる奥さんを十分満喫しなくちゃダメだなぁ!」

そう思った関根さんは、これまで以上に奥さんを大事にすることを決めたんだそうです。

 

これは有名なエピソードなので、おそらく聞いたことのある人もいると思いますが、聞いているこちらが幸せになるようなとても素敵なエピソードですよね!

「55才って言っても、まだまだ若い!」

「後で後悔しないくらい大切にしなきゃ。」

そんな関根さんの奥さんへの愛がひしひしと伝わってくる気がします。

 

・・・ところで、これって今のアラサー女子にもずばり当てはまると思いませんか?

【スポンサーリンク】



「過去」のあなたと比べず、「未来」のあなたと比べる

 

私たちは、だんだん肌の調子が悪くなってきたり、疲れやすくなったり、何より「モテなく」なってきたりすると

「私ってもう若くないんだな~」

「そりゃ、男だって若い子がいいに決まってるよね。」

とつい悲観的になってしまいがちです。

 

でも、それはあなたが「過去の自分」と比較しているから。

何をどう頑張っても年齢を戻すことはできません。

そんな中でいくら過去のあなたと比較しても、ただ悲しくなるだけで何もいい事はないですよね。

 

でも、代わりに「未来のあなた」と比較してみたら・・・?

「あの頃は全然若かったのに、何悩んでたんだろ私!」

「悩んでる暇があれば、あれもこれもやっとけばよかったな~。」

絶対に、未来のあなたは今のあなたを羨ましがるはずなんです。

 

モテる必要ナシ!年齢なんて気にしない「たった1人」に出会えればそれでいい。

 

「日本人男性は若い女性を好む」

これはたしかに当たっていますが、でも実際にそうでない男性はたくさんいます。

「あんまり若いと、話合わなそうだから嫌だな~。」

「キャピキャピしてる若い子より、同年代の落ち着いた人の方が安心する。」

「仕事の事とか、悩みとか色々対等に話せる人がいいな。」

実は、このように思っている男性もたくさんいるのです。

 

例えば、あなたが好きになった人が、年齢を理由にあなたからの告白を断ったとします。

たしかにすごくショックかもしれませんが、それは単に「彼がそれ程度の男だった」というだけのこと。

あなたとの事を真剣に考えている男性なら、年齢や容姿などに必要以上にこだわらないはずです。

できるだけ人に知られずに婚活したい!は叶えられる?
 

あなたが将来幸せな結婚を手に入れたいのであれば、たったひとりだけ「あなたじゃないと駄目だ!」と言ってくれるような人を見つけること。

そのためにも、未来で一番若い「今」を大切にしてくださいね。

【スポンサーリンク】



Return Top