結婚できない理由 | アラサー女子の愛され方程式

好きじゃない人と結婚?アリエナイと言っていた彼女の「幸せのカタチ」

結婚,恋愛,別物,幸せ あなたは、もし好きでもない人に

「結婚を前提に付き合ってほしい!」

と告白されたらどうしますか?

おそらくですが、8割以上の人が告白を断るのではないかと思います。

 

「結婚するなら好きな人とがいい。」

そう思うのはごく普通のこと。

しかし、「好きな人以外は絶対に無理!」と思うことで、せっかくのチャンスを逃している可能性もあるのです。

私は、結婚は恋愛の延長線上にあるものだ、という考えをずっと持っていました。

でも、私の友人が実際に恋愛感情のない人と結婚し、幸せに暮らしているのを見て考えが変わるようになったのです。

【スポンサーリンク】



好きじゃないのに結婚!その理由は?

 

はじめに言っておきますが、元々友人は『好きじゃない人との結婚なんてアリエナイ!』派でした。

しかし、なかなか恋愛がうまくいかず、気が付けばアラサーに突入。。。

 

少なからず、焦りの気持ちもあったと思います。

ある日、ひとりの男性から「結婚を前提に付き合ってほしい」と告白された時、彼女は

「告白されるのなんて久しぶりだな~。好きじゃないけど、断っちゃうのはちょっともったいないかも。」

「デートする相手もどうせいないし、とりあえず何回かデートくらいしてみよっかなー。」

といった軽い気持ちで告白を受け入れることにしたのだそうです。(当初はそこまで真剣に付き合うつもりはなかったらしく、『結婚前提』という部分は取り消してもらったそうです。)

 

しかしその約1年後、彼女からきた連絡は『彼と結婚する』という報告でした。

 

そして、少し(かなり?)疑問を抱いていた私に対して、彼女はこう言ったんです。

「すごく大切にしてくれるし、女扱いしてくれるし、尊敬できる部分もあるし、、、。

彼に対してドキドキしたり、『好き~』っていう恋愛感情は正直ないんだけど、この人と結婚したら幸せになれるかな~と思ったんだよね。」

 

ちなみにその彼女は、現在第一子を妊娠中でとても幸せそうです。

【スポンサーリンク】



 結婚の色々な「カタチ」

 

『結婚と恋愛は違う』

『自分が好きな人より、好きになってくれた人と結婚した方が幸せになれる』

結婚に関しては色々な意見があると思います。

ということは、つまり結婚にもいろんなカタチがあるってことなんですよね。

 

私はずっと、恋愛した人と結婚することが当たり前だと思っていましたし、正直『好きでもない人と交際するなんて時間の無駄!』とさえ思ってました。

でも、たとえ好きな男性と結婚できたとしても、いざ夫として相手を見た時に「あれ?何か違う・・・。」と違和感を感じてしまう可能性だってあるんです。

つまり、好きな人と交際しても、場合によっては『時間の無駄』になってしまうケースもある、ということ。

好きな人だから絶対幸せになれる!とは限らないんですよね。

 

しかし、だからと言って決して『好きでもない人から告白されても付き合うべきだ』と言いたい訳ではありません。

ただ、よく知らない相手を「タイプじゃない」と先入観で判断、拒否してしまうのはあまりにももったいない気がするのです。

 

例えば友人関係でも、ぱっと見「この人とは絶対気が合わなそう」と思っていた人でも、実際に一緒に飲んでみたら「この人、案外いい人じゃん!」とすっかり打ち解けてしまった、なんて経験はありませんか?

それと同じで、たとえ相手に恋愛感情が生まれなくても、次第にその魅力に気付き

「この人となら幸せになれる!」

と思って結婚を決意する、というのも全然アリなんじゃないかなぁと思うのです。

誰がどう転がって結婚相手になるかは分からない

 

「好きな人がいても、相手には彼女がいる(結婚している)・・・。」

「好きな人にフラれてしまった・・・。」

「好きな人すらできなくて悩んでいる・・・。」

 

色々なタイプがあると思いますが、みんながみんな、自分の大好きな人と結婚できるという訳ではありません。

もちろん、好きな人と結婚できるに越したことはありませんが、現に違う形で幸せになっている人も存在するのです。

 

大切なのは、まず相手を知る努力をすること。

それが例えわずかな可能性だとしても、場合によっては結婚に繋がる大きなチャンスになることもありますからね

【スポンサーリンク】



Return Top