結婚できない理由 | アラサー女子の愛され方程式

バツイチの男性との結婚はアリ?ダメ男を見極めて幸せをつかむ方法

Portrait of businessmanあなたは「バツイチ男性」についてどう思いますか?

「何か、色々問題ありそう・・・」

「結婚しても、うまくいくか不安・・・」

恋愛ならともかく、『結婚』となるとつい身構えてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

 

ただ、「バツイチ」と一言で言っても、本当にダメ男もいれば、もちろんそうでない人もいます。

つまり、あなたはその中からダメ男さえ除外すれば良いのであって、変に「バツイチだから」と言って敬遠する必要なんて全くないのです。

 

ただし厄介なのは、自分が原因で離婚した男性ほど、その原因を周りに言わないということ!

特に、これからいい感じになりそうな女性の前では、自分がマイナスになるような事は決して言おうとしないんですよね・・・。

では、そんな状況の中でどうやって「ダメ男」を見極ていけばよいのでしょうか?

【スポンサーリンク】



自分に非がある男性ほど、原因を「元妻」にしたがる

 

私のかつてのバイト先の友人で数年前にバツイチになった女性がいるのですが、その原因は男性の方にありました。

借金があるのに結婚後も何も言わず、それどころかその借金を隠すために一軒家を購入。

借金と住宅ローンを一体化させて、あくまでも『住宅ローン』として支払いをしようとしていたのです。(結局、不自然な点があってバレましたが、、、。)

しかも、その後に社内の人とケンカをし、勢いで会社を退職、そして長期間の無職生活。

彼も同じバイト先だったので私も彼を知っているのですが、まさかこんなにダメ男だとは思っていませんでしたね。

 

しかし、それに拍車をかけてひどかったのが、彼が2人の共通の友人に、まるで離婚は彼女が原因だったかのように言いふらしていたことです。

「頑張って一軒家購入したのに、彼女が浮気をして出ていった」

そんな彼の話を聞いた人はもちろん彼を信用してしまっていたので、彼女はそのまま友人とも疎遠になってしまったそうです。

 

本当の離婚真相は言葉ではなく「態度」で見極める

 

もちろん、離婚原因なんて当の本人にしか分からないことはたくさんあります。

しかし、むやみやたらに元妻の悪口を言ったり、聞いてもいないのにベラベラと自分を正当化するような言葉を並べる男性は要注意!

本来、誠実な男性ほど別れた女性の悪口は言わないもの。

ましてや、周りに離婚原因を聞かれても、誠実な人はそこまで事細かに離婚の詳細も話さないものです。

 

そもそも、離婚の直接の原因は何であれ、どちらか一方が100%悪いということはありません。

それなのに、

「相手が100%悪いんだ!」

「俺は全然悪くないんだ!」

と言いきってしまうのは、離婚から何も反省をせず、何も学ぼうともしようとしていない何よりの証拠です。

また、そんな彼と結婚をしたら、今度はあなたがそう言われる立場になってしまうのも十分想像ができますよね。

※そもそも、どうしていつも変な男を好きになっちゃうの?
好きになる男は毎回「ダメ男」・・・引っかかる原因は自分にある?

 

相手に好意を持ってしまうと、つい相手の言葉を信じてしまいたくなってしまいます。

しかし、誠実さや真面目さ、また逆にそうでない態度などは、一緒にいることで嫌でも伝わってくるもの。

彼の言葉だけを信じず、むしろ言葉よりも実際にあなたが見る「彼の態度」で冷静に見極めなければいけないのです。

【スポンサーリンク】



バツイチ男性と結婚することのメリットとは?

 

「でも、そこまでしてバツイチ男性と付き合うメリットってあるの?」

中には、そう疑問に思う人もいるかと思います。

しかし、意外にもバツイチ男性は、結婚相手としてのメリットがたくさんあります。

 

・過去に一度失敗をしている分、「今回は絶対幸せになりたい(離婚しないようにしよう!)」という気持ちが人一倍強い

・女性への扱いが慣れていて、一緒にいて頼れる

・変に束縛をしてこないので楽!

これらは全て、実際にバツイチの男性と結婚した友人が言っていたことです。

 

年齢が上がるにつれて、出会いの場でバツイチ男性と知り合う機会はどんどん増えていきます。

そもそも、バツイチということは、かつて一人の女性に「この人に一生ついていこう」と思われたほどの魅力ある男性という何よりの証!

それなのに、「バツイチだから」という理由だけではじめから結婚対象外にしてしまうのは、あまりに勿体ないとは思いませんか?

 

まずは「バツイチ」という肩書で判断せずに、色々な側面で相手のことを見極めて判断してみてください。

意外にも、あなたに合った最高のパートナーは、今まで敬遠していた「バツイチ男性」ということも十分にありえるのですよ。
 

【スポンサーリンク】



Return Top