「もっといい人がいるかも・・・」悩む女性が永遠に幸せになれないワケ

10代や20代前半の恋愛とアラサーの恋愛で明らかに違うこと。

それは、ずばり「勢いでは付き合えなくなってしまう」ということではないでしょうか?

 

アラサーになるにつれ、恋愛を始める時にはどうしても「結婚」の2文字がちらついてしまうもの。

それ故に、付き合う前から、そして例え付き合ったとしても、

「本当にこの人でいいの?」

「探せばもっといい人いるんじゃない?」

とつい不安になってしまうんですよね。

 

しかし、「もっといい人」を追い求めている限り、いつまで経っても幸せな結婚をすることはできません。

そういう人に限って、理想に近い男性が現れても「この人で本当にいいのかな?」と迷ってしまうもの。

そして結局は、自分の理想【ぴったり】の男性に巡り合えるまで、永遠に探し続けなければいけなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

常に不満爆発だった友人の結婚の行方

私はいま、ギリギリアラサー?なのですが、この年齢になると、既婚者の友人に紛れて「バツイチ」の友人もちらほら出現し始めます。

ちなみに大学時代に仲が良かった5人(私を含む)の中で、離婚をしたのは2人。

ひとりは既に再婚をして幸せに暮らしていますが、もうひとりはそのまま独身を貫いています。

 

その独身の方の彼女ですが、実は元旦那さんと結婚したときから文句たらたらでした。

「勢いで結婚しちゃったけど、もっと色んな人と付き合ってから結婚すればよかった」

「彼がこんなにお金ないとは思わなかった」

正直、旦那さんは職業からして彼女が言うほど稼ぎが悪いわけではないし、第一毎日一生懸命働いている真面目な人だったので、私は内心

『そんなこと言ったらバチが当たるぞ!』

なんて思っていたんです。(当時私は独身だったのでなおさら思ってました。)

 

しかし、彼女はきっと最後までそんな思いから抜け出せなかったんでしょうね。

結局、結婚してわずか1年とちょっとで離婚してしまったんです。

その後は、晴れ晴れとした顔で

「今度は元旦那よりももっといい人と再婚する!」

と豪語してはいるものの、未だ彼女の目にかなった男性には出会えていないんだそうです。

 

「もっといい人がいるかも!」と思った時点で「今の彼ではない」

私は、「この人よりいい人がいるんじゃないか」と少しでも思っているのなら、その時点でその彼とはお別れした方がいいと思ってます。

だって、他に目を向けているということは、『既に彼のことを本当に愛していない』または『愛そうとしていない』という何よりの証拠ですよね。

それは、つまり「彼自身」ではなく彼の「外見」や「条件」しか見ていないということ。

本当に彼のことが好きなら、絶対に「もっといい人」は探さないはずです。

 

それに、そう思われている彼だって大迷惑!

逆の立場で考えてみても、あなたと付き合いながらももっと良い条件の女を探しているような男なんて、はっきり言って願い下げですよね。

スポンサーリンク

「もっといい男」を探す女は一生満足できない

もし、あなたがいま目の前の彼氏でいいのか迷っているのなら、ちょっと考えてみてください。

たしかに今の彼よりももっと条件のいい人は、探せばたくさんいるかもしれません。

でも、その人と出会えたら果たしてそこで満足できるでしょうか?

 

最初はいいかもしれませんが、おそらくまた同じように「もっといい人」を追い求めてしまうでしょう。

そして、結局理想ぴったりの人に出会うまで、満足できなくなってしまうのです。

 

でも、現実問題あなたの理想「ぴったり」の男性と出会える可能性は?

ましてやそんな男性が独身で、かつあなたを好きになってくれる可能性は?

はっきり言って、そんな男性に出会える可能性は限りなくゼロに近いです。

また、例えそんな人に出会えて結婚できたとしても、100%幸せになれるなんて保障どこにもないですよね。

 

「もっといい人」に目を向ける前に、目の前の人と向き合う努力をする

この世の中、はじめから理想ぴったりの男性と出会って結婚する女性なんてまずいません。

みんな「いいなぁ」という段階から始まり、だんだんとお互いを知っていく。

そして、お互いの欠点も受け入れていくことで、徐々に関係を深めていくものなのです。

 

そもそも、今目の前にいる彼に惹かれたのは、何かしら「素敵だな」と思えるところがあったからですよね。

そして、「”もっと”いい人」と言っている時点で、彼もいい人に変わりないはずです。

それならば、他に目を向ける前にすべきことは、まずはその彼ともっと向き合う努力をし、彼のことをもっと知ろうと努力をすることなのではないでしょうか。

 

もしかしたら、あなたが出会うべき相手はもっと条件の良い相手より「彼」かもしれません。

今、目の前にある出会いを大切にしてくださいね。

スポンサーリンク