結婚できないのは理想が高いから?妥協せずに幸せをつかむ方法

「結婚するならある程度顔が好みの人がいい!」

「私が働かなくてもいいくらい稼いでる人じゃないと。」

 

結婚するなら相手はこんな人がいい!という理想は、誰もが少なからず持っていると思います。

ちなみに、私は

『できれば顔が好みで、優しくて、浮気しなくて、年収もそこそこ良い人と結婚したい!』

という理想があって、婚活中はずっとそんな男性を追い求めていました。

 

しかし、いくら探してもそんなパーフェクトな男性に巡り合う訳もなく、たまに素敵な男性に出会っても

「顔はいいんだけど、職業がちょっとなぁ~」

「もうちょっと趣味が合う方がいいな。」

などと、つい理想の男性像と比較してしまう日々・・・。

そして気が付けば、そこから全く抜け出すことができなくなってしまっていたのです。

スポンサーリンク

厳しい現実・・・結婚に妥協は必要?

そんな私はもちろん男性と交際に発展することもなく、無情にも月日が流れていくばかり。

実際に、友人から

「ぱたたは、理想高すぎ!そんなんだから結婚できないんだよ。」

なんて言われた事もあります。(ズバッと言ってくれて感謝ですが、やっぱりショックでしたね。笑)

 

そしてだんだん焦ってくるようになり、

「やっぱり、ある程度妥協しないと結婚できないのかも・・・。」

気付くと、毎日そんなことばかり考えるようになっていました。

 

このままずっと妥協せずに婚活し続ければ、いつかは理想ぴったりの男性に出会えるかもしれない。

でも、実際今まで出会えてないわけだし、今後出会える保証なんてどこにもない。

ていうか、そもそも限られた期間の中でそういう男性に出会って、しかもお互い恋に落ちるって、もしかして限りなく奇跡に近いことなんじゃない?

色々考えれば考えるほど、何だか無性に時間を無駄にしているような気にさえなってしまったのです。

「じゃあ、一体どうしたらいいんだろう・・・。」

 

そして悩みに悩んだ結果私がしたことは、「絶対に妥協したくないポイントを絞る」ということ。

とは言ってみたものの、私にとって絶対に妥協したくないポイントって何だろう?

そう考えた時に、最終的に出た答えは「一緒にいて自分らしくいれる人」

そして、その唯一の条件を満たしているのが現在の夫でした。

 

正直、夫の他の条件はそこまで良くはありませんでしたが、不思議なことに、唯一の絶対条件のみに目を向けることで、他の事があまり気にならなくなっていったのです。

「顔はドストライクではないな。」 ⇒ 「でも、愛嬌のある顔してるし、よく見ると可愛いかも?」
「年収はそこまで高くないっぽい。」 ⇒ 「でも元カレは借金が理由で別れたし、マイナスがないってだけで全然アリだなぁ。」
「趣味でバンドやってるの?未知の世界だなぁ。」 ⇒ 「でも私も音楽大好きだし、観に行ったら意外と楽しそう!」

 

今まで相手の悪い面ばかり気になっていたはずなのに、気が付くと相手の良い面を見つけようと努力している自分にもビックリしましたね。

スポンサーリンク

絶対にしてはいけない「妥協」とは

結婚相手への条件は挙げるとキリがないですが、敢えてその条件を絞ることによって、他の条件が「絶対」ではなくなることに気付きました。

まずは、「絶対条件だらけ」から「これさえクリアしていればOK!」にちょっとだけハードルを下げてみる。

そうすることで、自分でも驚くほど気持ちがスーッと楽になって、余裕を持って相手を見極めることができるようになるのです。

そして何より結婚の対象になりうる男性の幅が広がるので、結婚できるチャンスもグンと増えるというメリットまであります。

※お金がない彼との結婚を見極めるポイントは?
お金がない彼…結婚したら不幸になる?「年収」以外で見極める方法

 

ただ、「我慢をする」という意味の妥協なら絶対にしない方がいいです。

なぜなら『我慢をしている』という意識を持ったまま結婚してしまうと、結婚後に不満が爆発する恐れがあるから。

「もう我慢の限界!私、何でこの人を選んじゃったんだろう?」

「もっと条件に合った人がいたはず・・・妥協しなきゃよかった。」

せっかく結婚したのに後悔してしまう、そんな悲しいことにだけは絶対にしたくないですよね。

 

妥協しないで幸せになる方法

私の場合、彼を選んだ際に「我慢する」という意味での妥協をしたつもりは一切なく、むしろそこには『相手を受け入れよう』『もっと理解しよう』という前向きな思いしかありませんでした。

それはきっと、絶対条件であった「自分らしくいられる」存在の彼と過ごすことで心がとても穏やかになり、条件だけで相手を見ることをしなくなっていたからだと思います。

 

「我慢して結婚する」という意味の妥協では決して幸せにはなれません。

大切なのは、自分の理想ぴったりの人と出会って結婚することではなく、理想と違っていても「好きだから、受け入れる」「お互い理解し合う」という気持ちを持って、2人で補いながら理想の結婚生活を築き上げること

そんな意識を持つだけでも、何かが変わるきっかけになると思いますよ。

スポンサーリンク