彼とは一生結婚できない?あなたへの「本気度」を早めに見極める方法

もしあなたが真剣に交際をしていた男性に

「俺、結婚は当分考えてないから」

なんて言われたらどうしますか?

「は?何をいまさら!」と相手に対して怒りの気持ちがこみ上げてくるかもしれません。

中には「何で私、こんな男好きになっちゃったんだろう!?」と自分を責めてしまう人もいるかもしれませんね。

 

結婚したいと願うアラサー女子にとって、『交際相手に結婚願望がない』と発覚した時ほどショックを受けるものはありません。

「交際する前から分かっていれば、こんなことにならずに済んだのに・・・」

といくら思っても、交際前から分かるはずもないですし、はじめからいきなり結婚について聞いてもただの「重い女」と思われて嫌われてしまうだけ。

では、早い段階で、結婚話を出さずに相手のあなたへの『本気度』を知るためには一体どうしたらよいのでしょう?

スポンサーリンク

「真面目そうな男性=結婚に対しても真面目」ではない

実は、結婚後に知り合った夫の友人の一人に、まさにこの『結婚に興味がない』タイプの男がいます。

その友人は、見た目は全くチャラチャラしていなくて、どちらかと言うと落ち着いた印象。

大手出版会社でバリバリ働く、いかにも真面目そうなサラリーマン!といった感じの男性なのですが、実は恋愛においてはかなり『テキトー』なオトコなのです。

 

ちなみに、彼は私の夫にこんな発言をしたのだそうです。

「結婚して家庭に縛られるのだけは絶対嫌だ。」

「今が楽しいのが一番!結婚してそれが奪われるなんて考えられない。」

「男なんて40すぎても結婚できるし、今焦って結婚なんてしたらもったいない。」

「彼女が結婚したいっぽい。めんどくさいから別れたい。」

・・・私はこれを聞いたとき、正直ドン引きしてしまいました。

でもそれと同時に思ったのが「テキトーに恋愛を楽しんでいる男って、きっとみんなこんな風に思ってるのかもなぁ。」ということです。

 

遊ぶアラサー男の特徴

彼のセリフからも分かりますが、結婚を視野に入れていない「楽しいだけの恋愛」を求めている男性って、基本的に自分のことしか考えていません。

「結婚して家庭に縛られるのだけは絶対嫌だ。」⇒ 結婚しても自分の好きなように過ごしたい!

「今が楽しいのが一番!結婚してそれが奪われるなんて考えられない。」 ⇒ ずーっと楽しく生きていたい!自由って最高!

「男なんて40すぎても結婚できるし、今焦って結婚なんてしたらもったいない。」 ⇒ 結婚したい、と思った時にしたい人とすればいい。今は勘弁!

「彼女が結婚したいっぽい。めんどくさいから別れたい。」⇒ オレから自由を奪う彼女なんていらない!

こんな男性を好きになってしまった時、結婚へのハードルが想像以上に高いものになるのは何となく想像できますよね?

夫の友人には悪いですが、ぶっちゃけこんな男には引っかかりたくないです。

 

「自分はそういう男なんてすぐ分かるし、気付いたら速攻別れる!」

なんて声もあるかもしれませんが、まさに恋は盲目。

実際に好きになってしまうと、彼の良い面ばかりに目がいき、嫌な部分は意外と気付かないものなんです。

スポンサーリンク

彼のあなたへの「本気度」どう見抜く?

「彼のこと、このまま好きになっていいのかな?」そんな不安に駆られた時は、試しに彼にあなたについての話を積極的にしてみてください。

彼にあなたの深刻な悩みを打ち明けてみてください。

思いきってわがままを言ってみてください。
その時の彼の態度はどんな感じですか?

こうしたちょっとした事で、彼があなたをどう思っているのかが手に取るように分かります。

なぜなら、本当に大切に思う相手ができたら、「その人のことをもっと知りたい」「悩みを聞いてあげたい」「助けになりたい」と思うのはごく自然のことだから。

つまり、あなたの事をそこまで大切に扱っていない男性は、その時点でその先にある結婚のことも真剣に考えていない可能性が高いのです。 

 

また、早い段階であなたの友人に紹介してしまうのも一つの手です。

第三者はあなたが気付いていない部分に気付くことができますし、冷静に判断もできます。

ましてやあなたの親しい友人ならハッキリを意見を言ってくれるでしょうし、何より長年あなたの側にいる友人の方が、あなた自身よりも「あなたに合った人」を見極めることができますからね。

 

もちろん、「何が何でもこの人!」と思うのなら、困難を覚悟してでも一緒にいるのもアリだと思います。

でも、「できるだけ早く結婚したい」「いつ結婚できるか分からないのなんて嫌」と思うのなら、早い段階で見切りをつけて他の男性へ目を向けるべき。

それは後戻りでも何でもなく、結婚へ向けての大きな「前進」に他ならないのです。

スポンサーリンク