彼って結婚してるの?してないの?指輪をしない既婚者の本音と夫婦関係

あなたは、初めて会った男性の左手薬指に「キラリッ」と光る指輪を発見したら、まず何を思いますか?

「あ~、この人、結婚してるんだぁ。」

きっと、ほぼ100%の人がそう思うのではないでしょうか?

 

「薬指に指輪をしている=結婚してる」

この方程式って、個人的にとても便利だと思います。

ちょっとでも「いいなぁ」と思った人がいても、指輪ひとつで相手の状況がすぐに分かりますもんね!

 

でも、それと反対に指輪をしていない『既婚者』も決して少なくありません。

「指輪をしてないってことは、独身なんだ!」

「このまま好きになっちゃっていいんだ!」

素直にそう喜んでいても、実はそれが決して実らぬ恋の第一歩だったりするのです。

スポンサーリンク

指輪をしない既婚者の本音と夫婦関係

「既婚者とは、結婚できない」

これは当たり前のことですよね。

例え結婚できたとしても、それまでには数々の問題がありますし、たくさんの年月と労力を使います。

できるだけ早く結婚したい、そう思っているアラサー女子にとって、既婚者ははじめから『恋愛対象』にしない方が得策です。

 

でも、だからこそ指輪をしていない既婚者ってものすごく厄介な存在ですよね。

 

ちなみに私の夫の友人で、『結婚当初から指輪をはめたことがない』というツワモノがいます。

その理由はズバリ、「邪魔だから」。

彼は普段から指輪などのアクセサリーを付けない人なので、結婚したからと言って

「よし!じゃあ今日から毎日つけよう!」

となるわけもなく、奥さんに何を言われても、会社の同僚に色々とツッコまれても、頑なに指輪をしないのだそうです。(半分ムキになってる?気がしないでもないですが・・・)

 

他にも、私の知り合いで指輪をしない男性はちらほらいますが、その理由は

「仕事で汚れるから」

「無くしたくないから(高いから)」

「結婚当初より太って入らなくなった」

といったものがほとんどです。

 

夫の友人も含め、彼らに共通して言えること。

それは『指輪をしていないからと言って、夫婦関係がうまくいっていないわけではない』ということ。

むしろ、実際には『奥さんとラブラブ』な人も決して少なくないのです。

スポンサーリンク

普段の会話から、既婚者か否かを見分ける

一度本気で好きになってしまってから「既婚者」だと判明した場合、そのショックは計り知れません。

もしかしたら、その好きという気持ちに踏ん切りがつかなくて、そのままイケない恋に走ってしまうことだってありえます。

そうなってしまったら・・・正直、将来結婚できるかどうかも怪しくなってしまいますよね。

 

あくまで私の場合ですが、普段話していて「結婚してるのかな?」と分からない人の場合、

「週末っていつも何してるんですか?」

「毎日仕事遅いと、家族の方心配しません?」

などといった当たり障りのない会話をするようにしています。

すると、意外と男性はサラリとプライベートを語ってくれることが多く、その情報で「結婚してるか、してないか」くらいは容易に分かります。

 

また、会話の流れで「結婚はしてるんですか?」と直接聞いてしまっても私的にはアリだと思います。

「〇〇さんって、美人な奥さんとかいそう!」

と、結婚している前提で話をしてみるのもいいと思います。

いくらぶしつけでも、恋愛が始まって後に苦しむよりは100倍いい。

聞いてその場で失恋する傷は、知らなかった時の傷に比べてずっとずっと浅くて済むのです。

※年齢が上がるにつれて増えてくる「バツイチ」についてはどうなの?
バツイチの男性との結婚はアリ?ダメ男を見極めて幸せをつかむ方法

 

私の周りでも、知らずに交際をして、そのまま不倫にどっぷりハマっている友人がいます。

本人は幸せそうに振る舞っていますが、傍から見ていて幸せそうに見えませんし、何よりうまくいっても、不倫をするような男性とは結婚してほしくありません。

そしてこれから恋人を作るあなたには彼女と同じ道は辿ってほしくないのです。

「確実に」独身の男性と出会うには?

結婚前の大切な時期を無駄にしないためにも、相手選びは慎重に行ってくださいね。

スポンサーリンク