アナ雪オラフに学ぶ!『初対面から好かれる女性になる方法』

2014年に大きな話題となったディズニー映画と言えば、そう、「アナと雪の女王」ですよね。

最近は、

「もうさすがにブームは過ぎたんじゃない?」

と思っていたのですが、先日近所のショッピングモールに行ったらオラフの等身大(?)のぬいぐるみが置いてあって、それはそれは大盛況!

一緒に写真を撮ろうと並んでいる行列を見て、

「まだまだアナ雪ブームは終わらないなぁ!」

としみじみ実感してしまいました。

スポンサーリンク

オラフは大人から子供まで大人気!その理由とは?

オラフって、主人公のアナやエルサと負けず劣らずものすごい人気ですよね。

雪だるまなのに夏に憧れているし、体がバラバラになっても大丈夫!

ちょっぴりおっちょこちょいだけど、イザというときは

「大切な人のためなら溶けてもいい」

と、アナを守ろうとする優しいところもあったりします。

 

まさに、オラフはそばにいるだけで心があったかくなるような存在!

楽しいときに一緒にいたら倍楽しいし、落ち込んでいるときに一緒にいたら元気になれる。

そんな素敵なキャラクターだからこそここまで愛されキャラになったのではないでしょうか。

 

そんな中でも特に私が好きなのが、オラフ登場のシーン。

 

自己紹介をするときに、いきなり

「ぎゅ~って抱きしめて!」

ってセリフを言ってるんですよね。

 

これってつまり、はじめから相手に対して全く警戒心がないってこと。

(むしろオラフの場合、「僕は君のこと大好きだよ~!」なんて声まで聞こえてきそうですが・・・笑。)

『相手が自分に対して親近感を持って接してくれている』

それってやはりすごく嬉しいことですし、それがきっかけでその相手とグッと距離が近づきやすくなることもあると思います。

 

そして、それは恋愛においても同じことが言えます。

あなたの相手への態度によって、相手との親密度が一気に増すことがある。

でも逆に、たったひとつの態度で思わぬ【誤解】を生んでしまうことだってある。

つまり、それだけ「心の距離感」というのはとても重要になってくるというわけです。

スポンサーリンク

過度な緊張は相手に誤解を与える

私はかつて、一度自分の態度のせいで恋愛がうまくいかなかったことがあります。

それは独身時代、社内に好きな人がいた時のこと。

「何とか仲良くなりたいなぁ」

と思う反面、実際にはどう近づいたらよいか全く分からず、かなり空回りな行動を取っていました。

 

例えば、彼とコピー機でばったり鉢合わせになった時、自分の分のプリントを取ってそそくさと自席に戻ってしまったり。

彼への取次ぎの電話を取った時、変に固い表情で彼の名前を呼んでみたり。

自分でも分かるくらい態度が不自然だったので、逆に「バレバレかも?」とさえ思っていたのです。

 

でも、ある日会社の飲み会で彼の近くに座る機会があったとき、彼に言われてしまったのが

「ぱたたさん、ぶっちゃけ俺のこと嫌いでしょ!」

というセリフ。

そう、私としては「緊張」からのぎこちない行動だったのに、彼はそれを「嫌われてる」と取ってしまっていたのです。

 

結局、自分の身構えた姿勢はただ相手に誤解を与えるだけで、恋愛において何のプラスにもならなかった。

ちなみに彼にはその場で何とか誤解を解いたものの、結局その後もうまく距離を縮めることはできませんでした。

 

目指すはオラフのようなキュートな笑顔!

男性は誰だって、相手が親しみやすい笑顔で自分の話を聞いてくれたり、興味を持ってくれているのが分かるだけですごく嬉しくなりますし、それが結果的に

「この人ともっと仲良くなりたいなぁ。」

「もっと色々と知りたいなぁ」

とあなたに親しみを持つ大きなきっかけにもなります。

 

とは言っても、初対面だったり緊張しているときは、なかなかうまくできないんですよね。

でも、それはみーんな同じ。

だからこそ、親しみのある笑顔で話してくれる女性はそれだけですごく印象に残るものなのです。

「僕に興味なさそう」「話しててもどこかつまらなさそう」

一度そんな印象を持たれてしまったら、その後何の発展もないまま相手からそっぽを向かれてしまう可能性だってあります。

例えそれが誤解だとしても、その誤解さえ解く機会さえ与えられなかったら意味ないです。

 

幸せな結婚は、その前に幸せな「恋愛」がなければ成立しません。

そしてその幸せな「恋愛」は、他ならぬあなたの素敵な笑顔によって始まるかもしれないのです。

「ぎゅ~って抱きしめて!」

とまでは言えなくても、そんなオラフのようなキュートな笑顔、そして初対面から愛されるような雰囲気作りを心がけたいですね。

スポンサーリンク