「結婚したい理由は?」求めてばかりの婚活はうまくいかない

突然ですが、あなたは『なぜ』結婚がしたいのですか?

「結婚への焦りから一刻も早く抜け出したいから」

「お金持ちと結婚して、裕福な生活を送りたいから」

「好きな人にたくさん愛してもらいたいから」

もし、あなたが「相手に与えてもらうこと」ばかり挙げていたとしたら、それは本来の結婚生活とはかけ離れたものになっているかもしれません。

 

幸せな結婚生活を望むなら、まずはあなた自身が『与える立場』になること。

なぜなら、将来のパートナーに選ばれるためには、独りよがりな思いで婚活をしても決してうまくはいかないからです。

スポンサーリンク

私の理想は「元カレのような言動をしない人」でした

私は今の夫に出会う前、5年間付き合っていた男性がいました。

「将来、この人と結婚するんだろうなぁ」

そうずっと思っていたのに、まさかの借金が発覚で、別れを選択。。。

「もう、こんな思いはしたくない!!」

その後かなり苦しんだ私は、気付いたら”未来の”男性にたくさんのことを求めるようになっていたのです。

 

「絶対に借金がない人じゃないと無理!お金のことで困らない人生を送らせてくれる人がいいなぁ」

「一生私のことを裏切らないで、大切にしてくれる人がいいなぁ」

「自分からは男性に積極的に行けないから、向こうからグイグイ来てくれる人がいいなぁ」

そんな理想を掲げながら、相手の言動で一喜一憂したり、時にはいちゃもんを付ける日々・・・。

 

「理想の男性と出会えれば、きっと私は幸せになれる!」

当時はそう信じて疑わなかったのですが、今思えばそれって『相手に全て委ねてしまっている』ということなんですよね。

結局私は自分からは相手に何も与えようとせず、あくまでも自分を幸せにしてくれる男性を探すことしか考えていなかったのです。

 

結婚は「自分だけ」のものではない

例えば婚活パーティーで、ある男性が

「もし僕と結婚したら、あなたには家事全般をそつなくこなしてほしいし、会社の飲み会にも笑顔で送り出してほしい。束縛も一切しないでほしいんだ。」

と言ってきたとしたら、あなたはどう思うでしょうか?

「え!要求多くない?」

「てか、この人と結婚して、私にメリットあるのかな・・・」

なんて、きっと不安になってしまうのではないでしょうか。

 

私も、当時は実際に口に出すことはしなかったものの、完全に自分中心に考えてしました。

「結婚は、自分が幸せになる手段」

心の中でずっとそう思っていましたし、とにかくその時は寂しさや焦りの感情からも抜け出したかったのです。

しかし、実際には結婚は相手ありきのもので、相手も自分と同じように幸せになるために結婚をする。

私は、そんな当たり前のことをつい忘れてしまっていたんですよね。

スポンサーリンク

男性が「結婚したい」と思える女性とは?

女性なら、「お金持ちと結婚したい」「幸せにしてもらいたい」と考えるのはごく自然なこと。

しかし、はたしてそういう女性を男性が好きになるか?と聞かれれば、答えはNOです。

こちらは求めるだけなのに、無条件に「この人を幸せにしたい!」と求婚する人がいれば、それはボランティア並みの奉仕の心の持ち主ですよね。

そして、そんな神様のような男性に巡り合うことは、まず「ない」と言いきってしまっていいと思います。

 

「でも、与えるっていってもどうしたらいいの?」

「私には与えるものなんて何にもないし・・・」

そんな風に思うかもしれませんが、与えるものはいたって単純です。

たくさん愛してほしいなら、まずはあなたが彼をたくさん愛する。

大切に思ってほしいなら、あなたが彼のことを大切に思い、愛情を注げばよいのです。

 

あなたが彼を大切に思えば思うほど、彼はそれを感じて嬉しくなるものですし、今度は同じものをあなたに返したくなるものです。

つまり、あなたが男性に「幸せにしたい」と思われるためには、まずはあなたが彼を幸せにする必要がある、ということ。

男性は、そんなあなたと一緒にいてはじめて、

「すごく幸せだなぁ」「このまま彼女と結婚したいなぁ」

と感じるものなのです。

 

相手に求めてばかりの婚活は今すぐ卒業し、まずはあなたが無条件で相手に愛情を注ぐことを考えてみてください。

それができる相手、そしてしたい相手となら、きっと結婚もそう遠くはないはずですからね。

スポンサーリンク