好きな人に一瞬で嫌われる!汚い言葉遣いを直す2つの方法

あなたは「言葉遣い」で損をしていませんか?

「可愛くていいなぁと思ってた子が、汚い言葉を使ってて一気に冷めた・・・」

「街で言葉遣いが悪い女性がいて、本気で引いた!」

このように、言葉遣いが原因で女性に失望してしまう男性は決して少なくありません。

 

特にアラサーになってくると、周りからはある程度「しっかりした人」「立派な大人」だと思われているもの。

つまり、キレイな言葉遣いを使う女性は「ポイントが高い」というより、むしろ「当たり前」のことなんですよね。

 

でも、言葉遣いっていざ直そうと思ってもそう簡単に直せるものではありません。

「頭で考えるよりも先に口から出ちゃう・・・。」

「怒った時につい汚い言葉を使っちゃう!」

では、そんな時には一体どうしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

言葉遣いを直す2つの具体的方法

私の夫も言葉遣いが悪い女性が嫌いで、テレビを見ていて口の悪い女性タレントがいると

「うわぁ~、まじないわぁ。」

と明らかにドン引きしている姿をよく見かけます。

 

夫曰く、男(自分)は汚い言葉を使っていてもいいけど、女が同じように使ってたら引いてしまうんだそうです。

その言葉の例を挙げると、「まじで?」「超ヤバい」「うまっ!」などなど。。。

でも、実はこれらの言葉は私自身がほんの数年前までかなり頻繁に使っていたものばかり。

今もずっと使い続けていたら、きっと今頃は私も彼の「ドン引き」対象に入っていたかもしれないと思うと、ちょっと怖いです(汗)。

 

私は、30になったことをきっかけに、なるべく汚い言葉を使わないように注意するようになりました。

そして、その時に自分なりに実践していたのは以下の2つです。

①汚い言葉遣いを言いそうになったら、一旦頭の中で考える

②「こうなりたい」という理想の人物を想像して喋る

この2つを意識し続けたことで、次第にきちんとした言葉遣いが自分の中で定着するようになっていったのです。

 

①汚い言葉遣いを言いそうになったら、一旦頭の中で考える

普段言葉遣いに気を付けていても、つい出てしまうのってやはり「感情的になってる時」が一番多かったです。

怒った時や感動した時、嬉しかった時や興奮した時など。

そういう瞬間って、つい何も考えずに思いのまま(「まじむかつく!」「うざい」など)を口走ってしまうんですよね。

 

でも、そんな時だからこそ、口に出す前に一呼吸置く。

「あ、これは言っちゃダメなやつだった・・・」

そう思うことで頭の中で一旦「ブレーキ」をかけ、そこから言葉を選んで発するようにしていたのです。

それでも、はじめの頃はその分心の中で汚い言葉を使いまくっていました。

でも、実際に口に出す頻度が少なくなっていくにつれて、次第に心の中でもあまり考えなくなっていきましたね。

 

②「こうなりたい」という理想の人物を想像して喋る

なりたい自分がいるのなら、まずは理想の人物を「マネすること」。

身近な人でもそうでなくても、二次元の人でも何でもいいです。

 

ちなみに私は当時、女優の堀北真希がものすごく好きだったので、(今でも好きです!)つい汚い言葉を言いかけた時には、

「堀北真希だったら、こういう時なんて言うんだろう?」

なんて考えるようにしていました。

 

一見バカらしく思えるんですが、これが結構効果あるんですよ。

私の中での彼女は、すごく清楚でしっかりしていて、言葉遣いもすごくきれいなイメージ。

そんな彼女のようになりたいなぁと思うたびに、「まずは言葉遣いから頑張ろう」と気持ちを高めることができたのです。

スポンサーリンク

アラサーで言葉遣いが汚いのは「恥ずかしい」こと!

私は、正直昔は自分の言葉遣いについて特に気にしたことはありませんでした。

しかし、それを突然直そうと思ったきっかけは、周りの友人がみんな自分と同じ言葉遣いをしていないことに気付いたから。

その瞬間、それまで普通に汚い言葉を使っていた自分が急に恥ずかしくなって、

「もしかして、みんな私のこと『言葉遣い悪いなぁ』って思ってるのかなぁ」

と、いても経ってもいられなくなってしまったのです。

 

「私の好きな人はそういうの全然気にしないから大丈夫!」

と言う人も中にはいるかもしれませんが、はっきり言って全然大丈夫ではありません。

もし彼が気にしなくても、後々彼の友人や家族など、あなたの言葉遣いに違和感や嫌悪感を感じる人は必ず出てきます。

結局はどう転んでも、自分が恥ずかしい気持ちになってしまうだけなんですよね。

 

言葉遣いは、努力次第でこれからいくらでも変えられます。

男性に一瞬で嫌われないためにも、初対面で好感を持たれるためにも、そして「アラサー」であるあなた自身のためにも。

日々のちょっとした意識の積み重ねをすることで、近い将来、周りのあなたへの印象はガラリと変わっているはずですよ。

スポンサーリンク